膀胱炎の話ー膀胱炎は女性に多いのはなぜ?ー

 膀胱炎とは主に細菌が原因となって、膀胱粘膜に炎症をおこす病気です。

 膀胱炎が発症すると、排尿終末時痛(おしっこの終わりや終わったあとで痛みがでる)、残尿感、頻尿、尿意切迫感(急におしっこがしたくなる)といった症状が出現します。

 性別には差があり、女性が圧倒的に多く、女性は生涯に2人に1人は経験すると言われています。

 ではなぜ、女性に膀胱炎が多いのでしょうか?

 その理由は尿道の長さにあります。尿道は膀胱からおしっこの出口(尿道口)までをつなぐ管です。男性は18-20cmほどの長さがありますが、女性は3-4cmと短く、細菌が膀胱内に尿道を伝って到達しやすくなっています。また多数の細菌が繁殖している肛門や、膣が尿道口に近いこともその原因となっています。排便や性交渉などによって細菌が侵入しやすくなります。

 次回は膀胱炎の診断と治療についてお話させていただきます。